クッションの代わりの働きをしてくれる成分

クッションの代わりの働きをしてくれる成分

最近、テレビでよく耳にする「プロテオグリカン」。
そもそも「プロテオグリカン」とはどんなものなのでしょうか。

 

「プロテオグリカン」は、アミノ酸とブドウ糖からできており、細胞同士をくっつけ、クッションの代わりの働きをしてくれる成分です。
「プロテオグリカン」はもともと体の中で作られていますが、年齢とともに減少していってしまいます。すると、骨と骨がぶつかり合い、関節に痛みが起こるのです。
つまり、「プロテオグリカン」を摂取することで、関節痛の進行を食い止めることができ、体をスムーズに動かすことができるようになるのです。

 

ただし、「プロテオグリカン」は主に体の中で作られる成分で、食べ物にはごく微量しか含まれていないため、普段の食生活からはほとんど摂ることはできません。
しかも、年齢とともに生産量は減っていき、50歳を超える頃になると赤ちゃんの頃に比べて生産量は20%まで減少してしまいます。

 

そこで活用したいのが、サプリです。
サプリであれば手軽に始められ、1日に必要な量を手軽に体に取り込むことができます。

 

関節痛が気になりだしたら、プロテオグリカンのサプリを一度検討してみましょう。