変形性膝関節症 プロテオグリカン 原因

MENU

変形性膝関節症の発症原因とプロテオグリカンの有効性

 

 

変形性膝関節症は、膝関節の使い過ぎや負担の掛け過ぎ、関節軟骨の老化になど関節軟骨の摩耗により変形する事が主な発症原因とされ、靭帯断裂や半月版損傷、化膿性関節炎などの後遺症としても発症する事があり、男性よりも50歳以上の肥満気味の女性に多く発症する特徴があります。

 

診断としては、関節の可動範囲や痛みの度合などの触診に加え、レントゲンやMRI検査などの画像検査が行われています。

 

変形性膝関節症の治療は、軽症の場合には大腿四頭筋強化訓練や関節可動域改善訓練などのリハビリや膝関節内に鎮痛剤やヒアルロン酸などを注射しますが、現在ではヒアルロン酸にプロテオグリカンが注目されています。

 

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸と同様に保湿力や保水力、細胞接着力を有していますが、ヒアルロン酸よりも分子量が小さく浸透性が高く、ヒアルロン酸よりも保水力が30%高い為に時間が経っても乾燥し難いなどの効果に加え、軟骨の分解と合成を促進するとして変形性膝関節症の症状改善に有効とされています。