変形性膝関節症 プロテオグリカン 予防

MENU

変形性膝関節症の予防法として注目されるプロテオグリカン

 

 

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨が少しずつ摩耗し膝関節の内側が変形してしまい歩行困難になるケースが多く、重症化すると荷重のかかる位置をずらす高位脛骨骨切り術や関節を取り替える人工関節置換術などの外科的手術が行われています。

 

変形性の膝関節症は、50歳代から発症する人が多くなり、年代が高くなるほど発症率も上がる症候群ですが、膝を支える大腿四頭筋や関節可動域改善訓練などで発症や症状の悪化を遅延する事が出来ます。

 

近年では、膝の若返り物質として知られるプロテオグリカンの摂取が注目されています。

 

この成分は、膝関節内にコラーゲン2型に次いで多く存在する物質で、変形性膝関節症の治療に用いられるヒアルロン酸よりも優れた保水力で膝の衝撃を吸収する役目を担っています。

 

プロテオグリカンは、40代になると次第に生成量が減少し、特に更年期を迎える女性は膝関節の軟骨を保護するエストロゲンの分泌量も減少してしまう為に、変形性膝関節症を発症し易くなります。

 

その為、普段からプロテオグリカンを摂取して変形性膝関節症を予防する人が増えています。