MENU

体内組織に存在するプロテオグリカンの変形性膝関節症への有益な効果

 

 

変形性膝関節症は、50歳以上の肥満気味の女性に多く見られる疾患として知られ、O脚の多い日本人は膝の関節の内側に変形が多く見られます。

 

発症原因は、加齢により膝関節軟骨の弾力性の低下や膝関節軟骨に栄養を供給する関節液の不足、膝関節の酷使などにより、軟骨下骨の露出や軟骨下骨の骨棘化など骨自体の変形が引き起こされ発症します。

 

その為、現在は重度の患者に対しては、高位頚骨骨切り術や人工関節置換術などの手術が行われますが、軽度の患者に対しては保存治療が行われています。

 

しかし、近年では変形性膝関節症は、臓器や脳、皮膚を始めする体内の組織に存在するプロテオグリカンを摂取する事により、症状の緩和効果や改善効果が得られるとされています。

 

プロテオグリカンは、分子量が小さい為に細胞の奥深くまで浸透し、軟骨細胞や軟骨基質の減少を抑制作用します。
又、プロテオグリカンには、軟骨の分解及び再合成を促進する作用により、変形性膝関節症を予防する効果も期待出来ます。